わがロボットの譜

千葉工業大学、総合工学研究会所属の者です。とりあえず、二足歩行ロボット作成日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

EAGLEから切削レイヤを起こす


以前やった時に記事にしてなかったので。Mach2/3の場合。

ここのページが相当参考になります。

ulpをprogram files内のEAGLEフォルダのulpフォルダに上記サイトからダウンロ―ドした.ulpを入れます。


で、各ulpの設定をします。

まず一番上のファイル名を.ncdに。
次が削る線幅ですが、あまり太くしていると線と線が近いところなどがつながってしまいます。

0.2ぐらいかな…?できたパスを見て、つながってたらさらに細くした方がいいかもしません。
あんまり細いと上手く削れないと思いますが…

後は削ってないときにどのくらい上げるかと、切削深さ、z,xy方向に動く速さの設定です。
速さの設定は普通に単位は同じ。inches/minだったっけか…?

後はボードからファイル→ユーザランゲッジプログラムを実行みたいな。
そして、つっこんだファイルを開けば完了です。
表記は日本語化パッチによって多少違うかも知れません。ulpって書いてあるアイコンでもできます。

EAGLEの実行したボードのあるプロジェクトファイルに対応する.ncdが出来ていると思うので、
適当にドラッグしてncvcで見たり、usbに移したり。

後、shortdrillはなくてもいいかなと。。


まぁ、そんな感じです。追って削ってみた感想を。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。