わがロボットの譜

千葉工業大学、総合工学研究会所属の者です。とりあえず、二足歩行ロボット作成日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

# SDカードを使ってみる。

ちょっとだけ時間ができたので、大分前に少しやって放置していた、
SDカードを使ってみました。

とりあえず、コレまた大分前に作ったRX62Nの基板で動かしてます。

回路図、プログラムその他いろいろはInterfaceの2011年6月号を参考にしながらやりました。
でも、回路図とか、ググったら出てきm(

プログラムは、そもそもChanさんのFatfsをつかっているので、Chanさんのサイトからサンプルプロジェクトが手に入ったり。
fatfsでググッたら一番先頭に出てきます。わからなくなったらこのサイトをみる。


で、こっからは使用する上での注意事項まとめ。

使うファイルは、
ff.c, ff.h, diskio.h, integer.h, mmc_rspi.cあたり。

今回はサンプルのあるマイコンだったので必要アリませんでしたが、
環境に応じてmmc_rspiのプロプリセッサ部と(プラットフォーム依存)となっている関数は、
プログラムする必要がありそうです。

その他に自前でget_fattime(マイコンの時間を返す、ムリなら適当な値返してもok)と、
1msごとの割り込み関数で、disk_timerprocを呼び出す必要があります。

で、こっからは使用上の簡単な流れ。
とりあえず初期化。サンプルにあったのを参考にこんな感じ?でやってます。
disk_initializeして、f_mountを呼び出せばおk。

ちょくちょく必要になるドライブの番号は何も考えずに全部0にしておけばいい。
複数使いたい人とかはなんかすればいいんじゃないですか。
ただ、ドライブは1つという設定がどこかに書いてあったような。


実際にまだ、プログラムの呼び出ししかやっていませんが、
f_openでフォルダを開いて、f_readで中身を読み出せば完了です。
超簡単!!


パスはルートからのものを書けばいい。
hogeフォルダにあるa.txtを読み込む場合のパスの名前は、
HOGE/A.TXTみたいな感じでできてます。


とりあえず、こんな感じ。
投げやりな感じだけれども、一度記事が消えてしまったせいです。
もともとテキトーにしか書いてないとかそんなこt(ry




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。