わがロボットの譜

千葉工業大学、総合工学研究会所属の者です。とりあえず、二足歩行ロボット作成日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

STM32F4の開発環境構築(2)

この前はいろいろ関係ないとこみたけどいよいよやるぞー
と思っていろいろ見ましたが、いまいちわからない。

みんな大好き徹底入門はなにかセットになっててとりあえず使えるかもしれないけれども、
今後ちゃんと1ステップずつわかってないと厳しいと思ってので、地道にやっていきます。

参考にするのはここのサイト
また英語ですよ英語。

とりあえずテキトーに解釈しながらやってみます。

初めに必要なものを取ってくる。

・JRE、Eclipise ここはすでに導入済み。
入れかたは僕が書くよりeclipseでぐぐってくれればいくらでもいい記事が有ると思うので割愛します。

・STLink Utility
こっから取ってくるとリンクが貼ってあるのみ。
クリック → Not Found… 早くも波乱の予感ですよ。
とりあえず、STLink Utility で検索してそれらしいものと出会えたのでダウンロード。
なるほどWindows用と。ということで入れてません(

・ARM-based 32-bit MCU STM32F10x Standard Peripheral Library
これまたリンクが切れている。
とりあえず、ホームに行き、右のサーチタブを選択。
STM32F10x Standard Peripheral Library とぶち込んで、一番上に出てきたSTM firm wareをクリック。
ここでサーチに peripheral と入れて出会えました。ZIPフォルダのアイコンクリックでダウンロード。
たしか以前、製品ページのダウンロードタブからとってきたものもあったが、そっちはv1.01。
おそらく古いもののままだと思われるので要注意。製品によって使えるバーションが違うとかないよな(^_^;)

・STM32VLDISCOVERY firmware package
↑のFirmwareでサーチにdiscoveryと入れてダウンロード。

ダウンロードに時間がかかってしまったので今日はここまでか。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。