わがロボットの譜

千葉工業大学、総合工学研究会所属の者です。とりあえず、二足歩行ロボット作成日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

STM32F4の開発環境構築(3)

今日もちまちまやっていきます。

機能の続きで、まずはワークスペースの作成。

とりあえず素直にホームフォルダにstm32_workspace フォルダを作成。
その下に、STM32F10x_StdPeriph_Libをコピペして、workspaceフォルダを作成。

インストールはもうすでにしてあったのでとくにやることなし。
テキトーに指示に従ってればいいだけです。

起動時にでてくるワークスペースの選択で、~/stm32_wrokspace/workspaceを選択。


ここからはEclipseの操作。

・ ヘルプ → 新規ソフトウェアのインストールでcdtをインストール。
すでに導入済みなのでスルー。

・ GCC Cross Compiler Support インストール
使用していたEclipse が indigoだったので http://download.eclipse.org/tools/cdt/releases/indigo にURLを変更。CDT オプション・フィーチャー → C/C++ GCC Cross Compiler Support をインストール。

・ STM32用のプロジェクトの設定
ファイル → 新規 → C++プロジェクトを選択
プロジェクトタイプ 実行可能 → クロス・コンパイラー プロジェクト → Cross GCC を選択。
プロジェクト名も素直にTempleteにしておいた。
ここで完了ではなく次へを選択。
Tool command prefix に arm-none-eabi
Tool command path に CodesourceryBenchのbinフォルダを指定。
自分の場合は /home/taki4416/CodeSourcery/Sourcery_CodeBench_Lite_for_ARM_GNU_Linux/bin
完了を押してプロジェクト作成。

・ アセンブラの設定
プロジェクトを右クリックしてプロパティ選択。
C/C++ビルド → ツール・チェーン・エディター
ツールの選択ボタンをクリック。
左の項目の中からGCC Assemblerを追加。
C/C++ビルド → 設定 を選択
左の選択肢からGCC Assemblerを選択。
コマンドを arm-none-eabi-as に書き換える。
さらに左の選択肢のGCC Assemblerの下にある設定を選択。
アセンブラー・フラグに -mthumb -mcpu=cortex-m4 と記入。多分こうなんじゃないかな(
次があるのでまだ閉じない。

・ C,C++コンパイラの設定
プロジェクトのプロパティ内。
C/C++ビルド → 設定
Cross GCC Compiler → その他 を選択。
その他のフラグに
-lm -mthumb -mhard-float -mcpu=cortex-m4 -mfpu=fpv4-sp-d16
と追記。あってるといいなぁ。
Cross G++ Compilerについても同様に。
まだ閉じない方がラク。

・ リンカの設定
プロジェクトのプロパティ内。
C/C++ビルド → 設定
Cross G++ Linker → その他
とりあえず、リンカー・フラグに
-T "${ProjDirPath}\startup_src\stm32_flash.ld" -lm -mthumb -mhard-float -mcpu=cortex-m4 -mfpu=fpv4-sp-d16 -Wl,-Map=linker.map -Wl,-cref -Wl,--gc-sections
と入れた。あってないだろう。おそらく。


今日はココらへまでで。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。