わがロボットの譜

千葉工業大学、総合工学研究会所属の者です。とりあえず、二足歩行ロボット作成日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

KiCad使用記録 - EAGLEからライブラリを持ってくる (2)

夏休みが終わってしまったのでなかなか更新進みません。いやそんな忙しいわけでもないんですけどね…

前回、EAGLEからkicadにライブラリを持っていくためにいろいろやっていましたが、使い心地が至って微妙。
で、いろいろ調べて見たもののよくわからずじまい。面倒なので自分で改造することにます。

文字が回路記号にかぶってくるのは、Eeschema上でも直せるのでまぁ放置。
これは、>VALUEと>NAMEの位置を自前ライブラリで指定していないのが問題の模様。
指定していないと原点になり、場所がかぶってしまう模様。ちゃんと指定されていればかぶることはない。
とりあえずは、モジュール名のフィルタを自動で作ってくれるように。

初めてEAGLEのulpのマニュアルを見ましたよ。いや、ユーザーガイドか。とにかくこれです。
しかし俺はkicadの勉強をしてるんじゃなかったのか。

モジュールのフィルタはFPLISTなるリストで指定するようだったので、そこのところを追記。
なぜかEAGLEでいうデバイスとパッケージが1対1対応だったのでそこら辺もなんとかしてみた。
同じシンボルが複数定義されるし、回路図書いてからパッケージを変更しにくいのがこれでマシになる…ハズ。

結構滅茶苦茶なことやってますがこれはしょうがなかったんだ…
UL_DEVICELISTだけでゲートの定義を呼び出すと、エラーがでる。
マニュアルにもその旨は記載されてるので、デバイス一つからシンボルデータを作ってそこからbreakという…
なんかCじゃねこれ?ってかんじでマニュアルはろくに読まずにフツーにC言語を書く感じで書きました。

まぁやりたいことができたんでなんでもいいです。
とりあえず元のeagle2kicad-0.9b.ulpも当然GPLライセンスなので、置いときます。
eagle_library2kicad.ulp

億万が一程度でどなたかのお役に立てば…(投げやり


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。